« PSO2の話 136 | トップページ

2017年8月25日 (金)

陽のあたる場所(詩)


孤独が曇り空なら傷みは雨空で
その雨に打たれれば苦しみと悲しさが増す
晴れ渡る空はどこまでも遠い
高い理想を追い求めてるわけでもないのに果てしなく遠い
いつまで続くのか
何のために続くのか
もはやわからないし
もはやしりたくもない
ただ思うのは
陽のあたる場所に行きたい
行きたいから
このままでは終われないから
傷みも苦しみも悲しみも
越えていく

« PSO2の話 136 | トップページ